きっと、晴れ!

何ものにも囚われる事なく、
自由な心で生きていきたい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# イースター礼拝。
JUGEMテーマ:日記・一般


今日はイースター(復活祭)。


クリスマスは有名で、
みんなが盛り上がるけど、
イースターは、クリスチャンにとっては、
クリスマス以上に意味がある。

十字架に架かって、黄泉に下り、
3日目に死者の中から蘇ったのだから。

なかなか教会へ行くことが出来ずにいた。
でも、イースターには行きたかった。
頑張って起きて、礼拝を守ることが出来た。

この一年の間、色んな事が起り、
泣いたり、嘆いたり・・
勿論、笑った時もあるけどね。

教会から離れていたけれど、
自分の信仰について考えるいい時間だった。
辛いときには、ただただ凹むけれど、
そんな時にもイエス様は傍にいてくれる。

「恐れることはない」
この言葉は、聖書の中に沢山出てくるの。
難しい、辛い問題を前にして、不安で一杯な時、
その時にも、やはりイエス様は共にいて下さる。

そうして、そう語りかけていてくれる。
ただ、それに気づかず、
どうすることも出来ずにいる。

でも今、
辛かった一つ一つを思い起こすと、
不思議と必ず良い方向へ事が進んでいる。
「ああ、守られてきたんだな」って思う。

いつでも、
「恐れるな」と言って下さっている。
だから、素直にそれを信じよう。










| comments(0) | - | 23:40 | category: 信仰。 |
# クリスマス・おめでとう〜☆
JUGEMテーマ:日記・一般


皆さま、
イヴはどうでした?

てんこは日曜日に教会へ行き、
クリスマス礼拝してきたの。

半年ぶりの教会だったけど、
みんな温かく迎えてくれて、
とっても嬉しかった。

この一年、
いろんな事があって・・
「もう、だめだ!」って思う度、
不思議と、何かに助けられたよ。

信仰薄いてんこは、
崖っぷちに立つ度に、
神様なんていない・・
そう思って、悲しかった。

教会なんて・・
神様なんて・・
幾度思ったことか・・

でも、
こんなてんこさえ、
神様は見捨てない・・
そう思わせてくれた。

神様を近くに感じた一年。
いつもてんこを見ていてくれる、
そう信じられた一年。


皆さまの上に、
神の恵みと平安が
とこしえにありますように。
アーメン。





















 
| - | - | 23:48 | category: 信仰。 |
# 生きた信仰。
JUGEMテーマ:日記・一般


教会には幼稚園があって、
今日は、その用事で出かけた。

最近、礼拝から足が遠のいているので、
長老さんと顔を会わせるのは、気が重かった。
(教会の人たちが、私のために祈ってくれてるのは分ってる。)
あくまでも、私の想いなんだよね。

用事も終わり、すぐに帰るはずだったけど、
ふっと、長老さんに話を聞いて欲しいと思った。

私が礼拝に行けない理由・・

気持に余裕がなかったり、疲れて朝がキツかったり・・
確かに、それも理由の一つなんだよね。
でも、クリスチャンとして、決定的なもの、
イエス様って、一体・・?と、神様の事が分らなくなってしまった。
(こうなったのには、それなりの理由があるのね。)

この想いを誤魔化しながら、礼拝は守れない。
ずっと、この気持を押し込んでいくのが、どうしようもなくなった。
途中からは牧師さんもいらして、私の話を聞いてくれた。

S長老はじっと聞いて、私を責めたりはしない。(当たり前ですけど・・)
「人生で大きな問題を抱えた時には、考えてもどうにも成らないもんだよ。
○さん、あと10年待ってごらん。(10年ですかっ!?)
振り返った時には、不思議と笑っていられるもんだよ。」

そして、K長老が、言ったの。(私と同じような経験者だったの)
「僕もそう言う時期があった。でも、教会には必ず通ったよ。
そう言う”荷物”だからこそ、神様に委ねて、
あとは、自分が出来ることを一生懸命するだけだと思って、生きてきたよ。」

牧師さんは、静かに話を聞いていた。
そして、最後に祈って下さった。
ここで全ての事は書けないけど・・
信仰的には、神様が一番大事・・でも、人は現実に生きている。

友人のkさんは、言うの。
「祈っていれば、必ず、神様を傍に感じる時がある。」って。
「だから、どんなに辛い事があったとしても、
長い間、こうやって、信仰を守ってこられた。」って。
みなさん、年の離れた兄であり、姉の年代の方です。

夕方、しんちゃんとお買い物へ。
あ、母の月命日を忘れていた!
2日遅れでお花を買い、居間に飾った。













 

| comments(2) | trackbacks(0) | 23:07 | category: 信仰。 |
# 礼拝へ・・・Kさんのその後。
JUGEMテーマ:日記・一般


今日一日、強風で、真冬並みの冷たさ!



黄金地区、海も荒れてました。



室蘭に住んでた頃、家族で釣りに来ました。
でっかいカレーを釣り上げたことも・・


普段、何げなく通っている国道からも見えます。
車で走れば、すぐに海へも山へも行けちゃう。
いいところに住んでるなあ・・とつくずく思います。


朝の目覚めが良かったので、教会へ行ったよ。
過ぎ去った一週間を振り返り、
新しい一週間をどう過ごすか?(そんな堅い話じゃないよ〜)、
自分なりの気持ちの整理が出来るんですね。

そして感謝と願いをお祈りしてくるんだよ。(心の中でね)
重い荷物は下ろし、神様のもとで休むこと。
それが教会へ行く理由かな。

Kさんが、先週てんこを訪ねてきた。
「あの宗教団体に入ったの?」私はすぐに尋ねた。
「うん、入ったよ!とても気持ちがサッパリしているよ。」
彼女の表情は、とても落ち着いて見えた。

あー、入ったのか・・後の言葉が出てこない。
しばらくは、冷静に考えると思っていたのに、彼女は待てなかった。
他の宗教を悪くは言わないけど、やっぱり理解できない私。

イエス様の再来・・クリスチャンは待ち望んではいるものの、
「この方が、イエス様ですよ。」と言われて、
「はい、そうですか。」と、どうして信じてしまったのか、分らない。
宗教は、信じるって事は、理屈じゃないと分っていても・・

「”私”が、人生をかけて決めた。」そういう彼女に、私は何も言えない。
旦那様の言葉も私の言葉も、今の彼女には届いていない。
ただ私にだけ伝えに来てくれた事は、嬉しいと思う。

でも複雑なんだよ。
だって、彼女が一番苦しくて、迷ってる時に、
てんこも牧師も教会も、何も出来なかったんだもの。
彼女が一人きりで悩んだのなら、まだ救いはあるけど、
その団体で癒されたとしたなら・・そんなことも思ってしまった。

彼女の来た2,3日あとで、牧師から電話があった。
私の事を心配しての電話だったけど、Kさんの事にも話が及んだ。
牧師はいつもと変わらず、穏やかで静かな話し振りだったけど、
心の中には、私以上に複雑で辛い想いがあるんじゃないかな。





















 

| comments(2) | trackbacks(0) | 21:40 | category: 信仰。 |
# 神様に会いたい。
JUGEMテーマ:日記・一般

カレーチャーハン弁当ですっ。
色味がちょっとねー。^^;


今週は、トマトとキウィ祭りでーす。
 

私はクリスチャンです。
だから、きっと、神様を・・イエス様を信じている。
でも、時々それは揺らぐ。
何があっても、ぶれない軸が欲しいと思う。

日曜日に、「Kさんが、教会を辞めた。」と聞いた。
暮れに言っていた通り、彼女の決心は変わらなかった。
誰よりも先に私に話してくれたKさんだった。
だから牧師でさえ、「え!?」っていう感じだったと思う。

牧師が来て下さって、そのことも話した。
・・けど、今さら何を話したところで、彼女の気持ちを止めることは出来ない。
28年間この教会と関わり、信仰生活を送ってきた人の、
その決心は、そう簡単にはひっくり返らない。

この世には、数え切れないほどの、宗教という名を掲げた団体がある。
彼女は、その中の一つを選んだのだ。
「イエス様に会えるのよ!」彼女は、そう言った。
「てんこさんは、会いたいと思わないの?」そうも聞いた。

精神を多少病んでいる今のてんこ。
そのせいかもしれないけど、一瞬思考が止った。
「何を言っているの?」「その人は、人間だよ!」
私は目に見えない神を信じているのであり、偶像を崇める事は出来ない。

遙か昔、復活したイエス様を信じ、付いていった弟子のように、
私も、その弟子のようになりたい・・と彼女は言った。
いつも真っ直ぐで、思い込んだら一直線、そんな彼女。

暮れに彼女の家へ行く前、私はその団体についてネットで調べた。
到底賛成できるような所ではなく、
”被害者の会”なるものもあり、裁判沙汰にもなっていた。
半ば脅しのような宗教だと、私は感じ、そう伝えた。

「こんなの、厳しくて、ずっと辛いままの宗教なんじゃない?」
「家族まで巻き込む事まで考えなきゃいけないんじゃない?」
長い間、信仰生活を送ってきたkさんだからこそ、
幸せな顔の裏の部分までも、ちゃんと見てほしいと思った。

私はその”神様なる人”に会うつもりは無いことを伝えたのだった。
そうして、冷静になって欲しいとも。

・・・「心配してくれてありがとう。
私ね、今の気持ちはとてもスッキリしているの。
てんこさんと話した時には、揺らいでいたけど、決めたの。」
月曜日の電話だ。
彼女はとても元気だった。

彼女が今すぐ、その団体に入るかどうか、は分らない。
その代わりに、この教会からは出る必要があったんだと思う。
もし戻ってきたかったら、戻って良いんだよ、とだけ伝えた。
「ありがとう。また、おしゃべりしようね。」そう言って、Kさんは電話を切った。

身の回りには、いろいろな出会いがある。
人が人の心の中にまで、ずかずかと入り込めはしない。
その話を私に聞かせるKさんは、本当に生き生きしていた。
ほとんどのクリスチャンが神を待ち望み、そして神の御許へと旅立つ。
信仰とはそういうものだと、ある日の説教で牧師は言った。

”生きてイエス様に会える”・・どうしてkさんがそれを信じたのか?
半年前まで、「そんな所には絶対行かない!」と思っていたKさんが、
どこで、どうなったのか?私には今も分らない。
でも思ってしまう。
ある意味、そこまでの信仰が私にはないんじゃないか・・とね。

そして、教会にとっても、これはとても大きな問題だということ。
今度の日曜日には教会総会が開かれる。
教会がどのように対処するのか、きちんと見届けたいと思う。




























| comments(4) | trackbacks(0) | 23:43 | category: 信仰。 |
# クリスマス礼拝。
JUGEMテーマ:日記・一般
 

12月21日は、クリスマス礼拝。

私はクリスチャンでありながら、
神や信仰について疑問を持ち、その事で悩みの中にいた。
さらに体調の悪さも手伝い、教会からも遠のいていた。

でも、さすがにクリスマス礼拝は特別な想いがあり、
それは、私が15年前のクリスマスに洗礼を受けたから。

私はいつもの席で礼拝が始まるのを待っていた。
暫くすると、誰かが私の隣に・・
ご夫婦連れのようで、顔を上げると、その奥様と目が合った。

何秒間か、じーっと見つめ合い、見覚えのあるお顔・・
「あー、先生!」お互いに手を握り合っていましたね。
その内に涙がこぼれて、泣き笑い状態に。

奥様は息子が幼児園(同じキリスト教)の時の先生で、
無認可でボランティア同然で子供達を育ててくれた。
私がこの教会に通う切っ掛けにもなった所でした。

先生はM教会なのですが、最近は時々礼拝に来ていたとの事。
15年ぶりの再会です。
「ああ、今日来て良かった!」
”神様が引き合わせてくれたんだ!”と思わずにはいられなかった。

そして、この日のお説教は、私の迷いを振り払ってくれた。
何年間もクリスマス礼拝は守っていたのに、
今までの私は何を見上げていたのだろう?

クリスマスの意味・・信仰の原点・・それがポンと抜けていた・・
「イエス様は馬屋でお生まれになった。貧しいヨセフとマリアの元に。」
暗くて汚く、そして寒い場所に。
勿論、わたしも知っている。

明日のことも分らない、不安の中にお生まれになった・・
ただ、それは、どうしてなのか?

それから牧師は続けました。
人間は優しい気持ちや、困っている人を助けようとする気持ちを持っている。
それを知っていたからこそ、
そういう人間を信頼して、神はこのような場所にイエス様を誕生させた、と。

罪深い人間・・この事だけが私の心を占領していた。
でも、そうじゃない、
「人間は罪を犯しもするけれど、いい心もちゃんと持っているんだよ。」
牧師の口からその言葉が出た時、それまでの迷いは消えてしまった。
そして賛美歌を歌うのが、とても楽しかった。

クリスマス・・イエス様がお生まれになった喜びの日。
その一方で起っていた悲劇。
ヘロデ王の命令で、同じ頃に生まれた2歳以下の男の子の虐殺。
権力にしがみつき、それ故の不安と怒りがそうさせた。
この事も忘れてはならないと思う。

今年、クリスマス礼拝は私を信仰の原点に帰してくれた。
感謝。









| comments(2) | trackbacks(0) | 00:14 | category: 信仰。 |
# 信じているか?
JUGEMテーマ:日記・一般

今日のお弁当でーす。


豚肉を酒・醤油で炒めたの・白菜お浸し・とまと・
サツマイモをヨーグルト入りマヨネーズであえたもの。
          ↑
しんちゃんが「コレは何?」と、怯えた顔で聞きました。^^;


昨日の夕方、教会のお友達が訪ねてきました。
今は違うお仕事ですが、教会の幼稚園の先生でした。
私も元気で彼女も保母さんだった頃は、いいコンビで、
教会の行事や対外的なことも力を合わせて、乗り切ってきました。

けれども、教会員の高齢化が年々進み、
その中では、私たちはいつまでたっても”若い人”なのです。
私たち二人の他は、ほとんどが親の世代になってしまうのです。
受洗者も何年かに一人、という感じで、
実際に動ける人数も自ずと限られてきました。

その内にてんこはダウンし、彼女も仕事に追われ・・・
と言う状態で、今に至っているのでした。

彼女が来たのは、私に相談があっての事でした。
てんこ、構えましたねぇ・・
此処では言い切れないのですが、彼女の決断は
”転会したいのかな?(他教会へ移ること)”
という私の予想を遙かに越えた所にありました。

誰よりもてんこにだけは気持ちを伝えたかった、と聞いて、
嬉しいような、ビックリなような、複雑な気持ちでした。

てんこは答えました。
今の自分は、まだ物事を冷静に判断する状態にない事。
あくまでも、薬があっての現状維持だという事。
ただ、そう思ってしまったのを、誰にも止めることは出来ないね。

Kさんの”神を信じているからこそ”の
真っ直ぐで純粋な気持ちを否定することは出来ませんでした。
「てんこにもその人に会って欲しい!」という彼女の切なる希望。
年が明けると教会総会があり、それまでに
いえ、もっと前に、彼女は答えを出したがっているのです。

だからてんこは、年の明けないうちに、
その人に会わないまでも、Kさんちへ行き、
最低限、どういう事なのかを確かめたいと思っているの。

Kさんを見て、いつも思っていた。
はたして私は、kさんほどに、神を求めているのかって・・
あぁ、もうすぐクリスマス・・
クリスチャンでも、そうでなくても、全ての人のクリスマス。
イエスさま、どうぞKさんの心に平安を・・
アーメン。


このブログ内容にどうかと思うけど・・昼食です!
 
サツマイモ・エノキダケ・わかめ・玉子を入れてみました。

S先生、ありがとでーす。♪
おじやにすると、胃腸の具合が楽なので、続けたいと思っていますよ〜。

| comments(4) | trackbacks(0) | 16:52 | category: 信仰。 |
# 今日からアドベント・・テンプレ変えてみました☆
JUGEMテーマ:日記・一般


今日からアドベントなのに、教会へは行けなかった。

その代わりというのも何ですが、テンプレでクリスマスモードに・・

昨日は、しんちゃんと室蘭まで行った。
冬タイヤに履き替えるためだよ。
ブ○ジストンのに変えて貰って、一安心!
おぉ〜、スタッドレスなのに、音が静かだw
やっぱり新しいタイヤは違うねー。♪
これで、雪が積もっても良いよ〜〜。

それから、先日の古着をリサイクルショップに出してみた。
うっほっほー!♪(この表現しか思いつかない)
夏物は除いて、10点で1100円なり。
ブランド品ではないし、売値を考えたら、こんなもんでしょ?

さて行こうか・・と、その前に
”年末ジャンボ宝くじ”売り場があったのよー。
しんちゃん買いましたね〜。
すかさず売り場のおばちゃん、「100円のもあるよー。」
思わず、てんこ「買いますっ!」
リサイクルでgetした1000円は宝くじに化けちゃった。
当たれ〜〜

伊○市はゴミの分別をしていて、
もしゴミとして出すなら、ゴミ袋2枚は必要。
一枚(40l入)が80円で、2枚で160円必要だよね。
そう考えたら、すごいよね!(あー、主婦だねー)

てんこヤミツキになりそうですっ!
まだまだあるから、片付けがんばろう〜っと。♪

帰り道、リースの材料を求めて・・
しんちゃんがちょっと(あまり行くと、ホントに熊が怖い!)
山道へ入ってくれたよ。



名前は分りませんが・・
丁度良い、つる状の枝もget!
紅い実はトゲトゲが!
可愛い松ぼっくりもあったよ〜。

明日はリース作ろうかな・・









| comments(5) | trackbacks(0) | 17:07 | category: 信仰。 |
# 神様を信じてる?
JUGEMテーマ:日記・一般

生活のリズムが少しずつ整ってきました。
きょうのお弁当でーす。


昨日生サンマが安かったので(¥79)、竜田揚げ。
ハムポテト、黒豆、味噌きゅうり。

眠剤は遅くとも0:00前後に飲めば、翌日の体調も良いみたいです。
(朝はルジオミール、就寝前にルジオミール+ベンザリン+コントミンを服用中)
それ以降だと目覚めも悪く、かといって昼寝も出来ず、
一日中重い頭と、倦怠感の体で過ごすはめになるのです。

お薬を飲んだら思い切ってベッドに入る事!(←すごーく大事)
翌日気持ちよく過ごすために、最低限やるべき事と決めました。

服用を再開してから、もうすぐ二ヶ月になりますが、
今朝は、最近にない程、心身共に軽く感じられました。
だから思っていますよ。
お薬飲んで、日々を楽に過ごした方が良いなって。

そして、鍼の威力も身をもって知ったのです。
勿論、医学的根拠はちゃんとあるのでしょう。
でも、その不思議さ、人体の不思議さを思わずにはいられない私です。
頭で(心で)思う事を実行できる、という幸せ。

どうしてなの?なんで不安で辛い?と思う反面、
とても小さな事にさえ、幸せを感じている私がいるのです。
幸せだと感じられるから、こうして生きているんですね、きっと。

もしも神様がいるなら・・ではなく、
神様は辛い時には慰め、守っていて下さった・・と思う。
私が信じる以前に、すでに神様は隣にいて下さった・・と思う。

信じる者は救われる・・?
全てのクリスチャンの中で、一体どれほどの人が心から信じているのだろう?
幸せな時には信じていても、
不幸の真っ直中では信じることが出来ずにいるかも知れない。
私は・・と言えば、分らない・・と言うのが正直な所なんですね。

”私が”信じるとか、信じないではなくて、神様は初めから傍にいて、
それに気づいた時が”救われた”瞬間だと思うの。

神様は辛いことを解決して下さる訳ではないのね。
長い間、私はその事が分らなくなり、苦しかったのですが・・
ただ、苦しみの中にある時も、決して見捨てずに、
必ずいつかはそこから救い出してくれる・・・
そう思ったから、いまも生きているんじゃないかな・・・

信仰弱いてんこですが、クリスマスだなあ・・なんて思うと、
神様のことや自分の信仰のことを、やっぱり考えてしまうのです。








| comments(3) | trackbacks(0) | 12:21 | category: 信仰。 |
# 守りのうちに・・
JUGEMテーマ:日記・一般


今朝も雪だよ〜。

今日は、”ベタ雪”だよ。 
解けかかって、靴の底にふっつくやつ。(←方言なんだって〜by M)



今週もまあまあだった?よね♪


これは、豚レバーです。     

お酒と醤油とちょっぴり三温糖で茹でました。

ネギのぶつ切りと生姜もね。

一晩ゆで汁に漬けておいて、翌朝にスライスして食べます。
ゆで汁は煮詰めて、かけると美味しいです。

朝でもO.K.ですよ。
食が細い時、栄養摂りたい時にパクッとね!


ここまで出来たよ〜。

顔とか頭とか、
細かい所は
明日やりまーす。♪






今日ケアマネージャーの方から電話があった。
父の様子を見に行ってくれたそうだ。
変わりもなくて、今のところ心配は無いとの事。

昨日は母の月命日で、父と電話で話したけれど、
こうして電話をもらうと安心するし、気持ちが楽になってゆく。

母が亡くなって半年、父に関して
いつまで同じ事を繰り返すのだろう、と不安だったのが嘘みたいだ。
雪の多いI市で、父の冬が始まる。
それを思うと、介護認定を受けて本当に良かった。

昨晩は、A牧師からも電話があった。
土曜日に電話したけれど、お留守でそのままになっていた。
何か通じるものがあったのかなあ・・?

彼は黙って私の話を聞いていた。
時々静かに「大丈夫ですよ。」と言ってくれた。
近況や、今の気持ちをお伝えした。

凹んでいる時、祈ることを忘れている。
いや、祈れない、
どうしてこんなに苦しいのか? どうして私なのか?
祈る意味さえ分らなくなる。

神様なんて!教会なんて!
自分の信仰は、いつも揺らぎっぱなしだ・・

だけど、後から振り返れば、守られていたんだな、って思う。
そんな風に考えてる自分は、やっぱり神様を信じているのかなあ・・

今年もまたクリスマスがやって来る。
30日の日曜日から12月24日までは、
主を待ち望むためのアドベントなんだよ・・











| comments(2) | trackbacks(0) | 23:43 | category: 信仰。 |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
出来ることから・・
リボン運動
thanks!
ブログパーツ
Others
Search this site
Sponsored Links