きっと、晴れ!

何ものにも囚われる事なく、
自由な心で生きていきたい。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ほっとした反動かな?
JUGEMテーマ:日記・一般

先週、
じいちゃんは退院しました。

またまた、パワーアップです!

施設にも、ちゃんと戻れたんですよ。

 
今日は、じいちゃんの顔を見に行き、
すっかり落着いているので、
ほっとしたてんこです。


だけど・・何だか疲れました。
暑さのせいかな


ばあちゃんがこの町へ来て・・
入院して・・亡くなって・・
じいちゃんの入退院があって、
この町へ来て・・


やっぱり
疲れてるかなぁ・・。


少しの間、
ブログ、お休みしますね。
| comments(1) | - | 23:25 | category: こころ |
# てんこペースでやってます。
JUGEMテーマ:日記・一般


毎日マイペースで過ごしています。

最近は、
ドライにすべく・・

ばらの香り、
とても
落着きます。

もっと、
ハーブも
ドライにしようか?
考え中。























読み終えたよ〜。

本を読める事が
自分の中で
ちょっと嬉しい。



 まずは、自分が快適でいられること。
次の段階へは、その後で良いかな。



| comments(0) | - | 01:27 | category: こころ |
# いつまで続くんだろう・・。
JUGEMテーマ:日記・一般


昨日I市から戻りました。

今回は、兄も来てくれたので、
予定していた事を済ますことが出来た。

父の受診。
新たに、3カ所の施設の見学と申し込み。
5月の母の3回忌の段取り・・。

3カ所目は、てんこの住むこの町の施設。
父をこの町へ連れてくること・・
てんこ自身、ようやく決心が着いたよ。

正直言って、
父のためと言うよりは、自分のため。
I市へ通うのが、限界にきてるからね。

最近頓に、帰ってきてからの
気力体力が、ガクンと落ちてしまう。
この事が、結構辛いよ。


父はこんなてんこを知ってか知らずか・・
「一人で頑張る」なんて言い出すし、
昨日は「I市を離れてもいい」と言い、
今日は「離れるわけにはいかない」と言う。

あぁ、いつになったら、落着くのかなぁ・・。



















 
| comments(2) | - | 01:18 | category: こころ |
# 心もふくよかに・・。
JUGEMテーマ:健康


あれよ・・あれよ・・と言う間に
3月も一週間が過ぎます。

本当にご無沙汰です!
出来たぁ〜。

てんこは元気ですよ〜。

先月は受診して、お薬も飲んでるし。
その中の”ドグマチール”って薬は、
もともと胃潰瘍の薬なの。

同じく胃潰瘍の薬パリエットに足して、
かれこれ2ヶ月半飲んでいて、
胃の調子がとても良くなったわ。

そのせいか・・食欲モリモリ!
ざっと、2舛和僚伝えましたっ。
モトは、「もっと増えなきゃ。」
って言うけど・・

微妙ぉぉ〜〜。

確かに、”お腹に力が入る”
・・そんな感じではある。

制作中〜。

心って不思議ですよね。
同じ食事をしていても、
美味しく食べたり、食べられなかったり。


最近思い出すのは、
一昨年東京で見た「日光・月光菩薩像」
お腹回りや二の腕や・・ちょっとふくよかで、
それが、何とも言えず美しかったこと。

人間の体は美しい・・と思った最初。

健康で、ちょっぴりふくよかで・・
そんなおばさんもいいかな?
って
ちょっと思っている今日この頃・・。

てんこのプチ摂食障害・・
引きずり続けていた母の影を
やっと切り捨てられる・・そんな気がした日。


















| comments(5) | - | 00:44 | category: こころ |
# おひな様飾りました。♪
JUGEMテーマ:日記・一般


約10年振りに、おひな様を飾ったんだよ!

 
人形自体は、50年以上経ってます。

てんこが小さい時から、
母が飾ってくれてたもの。

屏風とか、ぼんぼり、お道具・・などは、
モトが生まれてから、
母や私たちが買い足してきました。

見ての通り、
今時のふっくらした可愛い顔ではないので、
お友だちのおひな様と比べては、
ちょっと恥ずかしいてんこでした。
(とんでもないよねー


でも、今日飾ってみると・・
「この顔好きだな。」って、思ったよ。

おひな様を飾りたいなぁ・・と思っても、
去年までは、気持ちも体も動かなくて、
ミニのお内裏様とお雛様だけを飾ったりしてね。

しかも、時々、3月に入ってからとか・・。


ひな壇を眺めていたら、なんだかウキウキして・・
ほんと、飾って良かったぁ〜。

あとは、あられ・・菱餅・・お花・・
あ〜〜、楽しみです!













| comments(10) | - | 00:58 | category: こころ |
# 問題発生!
JUGEMテーマ:日記・一般




I市近郊の長沼町(マオイの丘手前)。

火曜日に父の所へ行った。
リハビリ(車椅子に乗る位の)も始まり、
順調な回復?で、一安心なの。

でも・・気の重〜い問題があって、
その為に、行ってきたの。

父と近所のおじさんとの金銭トラブル。
貸したお金が戻ってこない様子。
前に父は、「オレ、殺されるかも知れない。」
って、電話口で泣いてたけど・・。
(その時は、軽く思っていた)




で、一応の働きかけは済ませてきたけど、
(会わずに、文書でね)
何だか、怖いです。
その人、ちょっと怪しい感じします。

何かの不穏な気配があれば、
その時は、直ぐに警察へ届けます。
このような事に、詳しい方、いますか?

正直、こんな事で、
気力・体力を消耗させたくありません。

明日は、退院後の医療相談に病院へ行き、
来週は、介護認定の変更手続きの為、
役所の方に会いに、また病院へ行きますよ〜。

再来週に兄夫婦が来るので、
それまでは、もうひと踏ん張りです。
しんちゃんも、一杯一杯だと思うし。

皆さま、
上手く事が運ぶよう、祈って下さいね。

こんな時だから思うのか・・
交通マナーの悪さも目立ち・・
このままでは、
この古里が嫌いになりそうな、てんこです。






 

| comments(10) | trackbacks(0) | 11:12 | category: こころ |
# 不思議な出来事。
JUGEMテーマ:家庭


昨日は
主治医と会う為にI市まで行ったけど、
実はね、もう一つ、目的があったの。

それは、ちょっとゾクッとするんだけど、
てんこ、少し、心打たれた・・。

父が救急病院へ行ったのは21日(月)。
で、入院したのは、22日(火)。
今回は、ご近所には言ってなかったよ。

でも、裏の大工さんには、手摺りの工事の件があるし、
「事情を話し、よろしくお願いします。」の電話をかけたの。
それが、24日(木)の昼。

そしたら、そこのおばさんが言ったの。

「今朝聞いて、ビックリしたわ〜。
救急車で運ばれたんだってねぇ。

えぇ〜っ!
今、入院してるの?
だって、昨日(23日・水)の3時頃に
おじさん(父)から電話来たんだよ。
”居るかぁ〜?”って・・。
”居るよ”って言ったら、
”今行く”って・・。

来ないから変だと思って、家に行ったら鍵が掛ってて・・。
心配で、5時頃見たら、台所の電気がついてて、
でも、8時頃には電気が消えていたから、安心してた。」って・・。

それを聞いた瞬間、ゾクッと・・。
しんちゃんも、同じくゾクッと・・。
で、次の瞬間、”まさか、泥棒!?”って思ったよ。

それも確かめたくて、実家へ行ったんだよ。
結局、家には何の異常もなく、安心したけど・・
てんこ一人だったから、テレビ付けて、カーテン開けて・・
ちょいゾクッとしながら、洗濯したの。

思わず、「ばあちゃん、この家、守ってね!」って。

だから、しんちゃんと話してた。
じいちゃんの”家”への執着心だったのかな?って。
注:我が家は、こういうの信じてますよ〜

あ、父は元気でしたー。








 
| comments(6) | trackbacks(0) | 19:42 | category: こころ |
# 24時間テレビ。
JUGEMテーマ:生きる


 24時間テレビ、見てますか?

年々、素直に感動している自分がいるの。

てんこの悩みが、小さいなんて思わないけど、
(人それぞれの許容量があるし・・)

ほんの少しの切っ掛けで、人は変われるはず。
先週は描いたよー。

あとは、サインだね!











そこまで分ってきたし・・
あともうちょっと・・

てんこも、頑張れると思ったよ〜。















| comments(6) | trackbacks(0) | 19:15 | category: こころ |
# 気分の良い日が、一転して・・。
JUGEMテーマ:日記・一般



ドライ、第二弾。



昨日、晴れてる間に摘みましたよ。
分かりにくいですけど、ラベンダーもちょこっとね。
ラベンダー、これからも咲くかなあ・・?
真っ盛りの頃は、気持が向かわずにいたの・・。

今夜は、長いグチです。先に言いますね。

昨日もこんな風に花を摘んで、
やっと気持が↑気味になっていた。
(正直、じいちゃんの入院以来ダメだった。)

そんなところにI市に住む叔父から電話があった。

父がどうかしたのかと思い、聞いてみると、
「まだ重湯を食べていて、あんなんじゃ力が出ない。
りーちゃんから、
普通のご飯はまだ食べられないのか
(看護婦さんに)聞いてみてあげて。」
さらに、
「少し寒いと言っているので、
タオルケットを持っていってあげて。」

てんこ「・・・」と、思ったけど、
「今度行く時に持っていきますね。」と答えた。
でも、間違いなく、
「今日明日にでも来い・・」っていう・・雰囲気。

しんちゃんに言うと、
「じゃあ、これから行くか?」と言ってくれたけど・・。
毎日びっしりで、おまけに昨日は夜勤明け。
そんな事頼めないし、行かないつもりだった。
「ぼくも、気になるから行こう。」
ということで、2時出発。

5時頃I市到着。
実家に寄って、タオルケットと下着の替えを持った。
主治医と約束していたので、病状も聞けた。
紙オムツも買い足し、リハビリシューズも持った。
汚れ物は、伊達まで持って帰るつもりだった。

何やかやで時計を見ると、8時を回っていた。
さすがに、しんちゃんの体は限界で、泊ることに。
先日来た時には、
夜中の3時までかかり、掃除・洗濯を済ませたけど・・
前から気になっていた居間の絨毯はそのままになっていて・・
思い切って、買い替えることにした。

ちょうど翌日が燃やせるゴミの日で、
絨毯3枚を切り、
紐で縛って、ゴミステーションに出すことが出来た。
洗濯も出来た。
ようやくスッキリとした気持で休んだ。
切っ掛けは叔父の電話だったけど、結果として良かった。

朝7時に実家を出発、10時頃伊達着。
午後からは、いい気分で昼の絵画教室へ。
もうひとがんばりで、夜の部へ。

そこに、また、叔父からの電話が・・。
「I市に行かないの?」といきなりのお言葉・・
昨日と同じ事を言っている。
「昨日行って、●・△・□・:¥;:」と、てんこ。
(母のお葬式以降、叔父には連絡は取らないと決めた。)
「それならいいけど・・。」と、電話は切れた。
で、てんこも切れた・・。

てんこ自身、3回の手術と入院の経験があり、
入院生活がどんなものか、大体分かっている。
病院食は主治医が決めることであり、
寒ければ毛布の一枚くらい貸してくれるだろう。

父もそれくらい言えないものか?
と、ついつい思ってしまう。
言えないならば、何故、
叔父にではなく、直接私に言わないの?
こういう些細なことでも、
叔父や他人を通して言われることが、
私にとって、
どんなにダメージが大きいかを父は分かっていない。

その上、ケアマネさんからの電話もあり、
「おじいちゃんは、家に帰ると言っています。」
(ああ、やっぱりね!)
「食事が大変なら、ヘルパーさんを頼みますか?」には、
「お弁当を買う。」という。
予想はしていたよ。
(弱ってる時には、施設・病院という単語が出ていたけどね。)
でも、退院後の生活を考えると、またまた気が重い。

とっても、とっても疲れました。
せっかく良い気持で帰ってきたのに、もう、うんざりです。

あー、こんな事書いてる自分もウンザリです。


















 

| comments(5) | trackbacks(0) | 01:14 | category: こころ |
# 囚われの心。
JUGEMテーマ:家庭
 

じいちゃんの顔を見に、実家へ行った。
しんちゃんも一緒なので、てんこも安心。

先月に入ってから、電話の度に
「今月は、来てくれるのか?」と言う、じいちゃん。
「え?この前、法事で行ったから・・○△□+」と、
正直てんこは・・行くの、迷ってたんだよね。

それでも、気になって(ここが、親子なんだわ・・)。
「そっかそっか、来てくれるのか。」
じいちゃんの声は、いつもより、すごく弾んでいた。

病院では、てんこが車椅子を押して移動した。
「こりゃあ、いいな。」と、じいちゃん、ご満悦。
一人の時は、
時間がかかっても、リハビリを兼ねて歩くらしい。

法事の時、
ぱんぱんに浮腫んでいた足は、かなり元に戻っていた。
以前は通院せず、入院も拒否し、主治医との関係は最悪だった。

でも、今は、「ちゃんと、一人暮しをする。」
という約束の元、じいちゃんなりに考え、頑張っている。

食事制限があり、そこが一番の心配だったけど、
何でも少なめに食べているのが、割といいらしい。
(もう、好きなものを食べていいよ・・って思う。)

「前回よりは、(肺の中の)水が減ったけど、まだ、あるからね。
血圧は、正常。でも、不整脈は、いつものように、あるからね。
では、お薬を、続けて飲んで下さいね。」
真面目に通院するようになったせいか、主治医はニコニコしていた。

じいちゃんの欲しい食品や日用品を買いそろえた。
冷凍できるものは小分けにし、おかずも、何品か作りおいた。
○協の○どっくに、入会したものの、やはり父には無理だったなあ。

長い間囚われていたのは、この、てんこだ。
父が・・てんこの住む町へ来ないのも、
退院後、しばらくの間、通院・入院しなかったのも・・
その他、ほんの些細な日常のこだわりも・・
あり得ない言動や行動も、全ては、父の正直な心だ。

前にも言ったけど、そこに悪意はない。
まして、我が子であるてんこに対して、
悪意など最初から、あるわけないっしょね。

「じっちゃんさあ、お母さんに、もっと甘えて欲しいんだと思うよ。」
帰りの車の中で、しんちゃんが言った。

てんこね、そう思っても、上手く甘えられないんだよね。
それは弱みを見せる事だと、ずっとずっと、思い込んできたから。
・・・これって、やっぱり可笑しいよね・・娘としてね・・。

「りーこ、心配な事があったら、言えよ。」帰り際、じいちゃんが言った。
「だって、迷惑かけるから。」って、言っていた。
「何言ってるんだ、家族でしょ。」じいちゃんが、泣きそうな顔で言った。

てんこね、何十年ぶりかで、心がほんわかしたんだよ。
そしてね、じいちゃん淋しいんだろうな、
頑張っているんだなって、素直に思ったんだよ。

変な話、じいちゃんが亡くなる前に、
こんな気持を持てたなんて・・しんちゃんにも感謝なの。
一緒に行こう、と言ってくれたから、じいちゃんに会えたんだもの。




































| comments(2) | trackbacks(0) | 01:27 | category: こころ |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
出来ることから・・
リボン運動
thanks!
ブログパーツ
Others
Search this site
Sponsored Links