きっと、晴れ!

何ものにも囚われる事なく、
自由な心で生きていきたい。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 特別ではない事。

評価:
---
VAP,INC(VAP)(D)
¥ 3,050
(2008-08-27)
Amazonランキング: 1898位
Amazonおすすめ度:
大好きな井坂幸太郎の作品の映画化!
うまく言えないけど心温まる映画
愛すべきノスタルジック?
JUGEMテーマ:映画

死に神が人間界に降りてきて、予め決められたターゲットに近づき、
その死期を実行するか、見送るかを判定するのです。
結構人間くさくて、優しくて、いいヤツなんですねぇ。
死に神がターゲットに必ず質問する事、それは・・
「死ぬことについて、どう思う?」と言うことなんですが・・


私の思っていた”死ぬ”という観念が揺らぎましたね。
自然界では、死ぬというのは当たり前のことで、人間もそうだよね。
だから、死ぬ事をあんまり深く考えていなかったのでした。

昔、上司や若者が水死した時、母が亡くなった時、
以来、死は呆気ないもの、命は儚いもの・・
そういう風にしか考えられなくなってました。

でも、私、ちょっと違っていたのか?・・と思いました。

その人が”生きた”先に”死”があるんで、
最初から死だけが在った訳じゃないんだよね。



最後の方では、”ああ、やっぱりね!”と思わせるストーリー。

「青空は特別なことではないけれど、でも大切なこと。」

人生っていいな・・・そう思わせてくれた作品でした。



                              



JUGEMテーマ:日記・一般




    
 コロッケ・ビーフンサラダ・ハム玉子巻



調子悪くなる時があるけど、お弁当作りも大分慣れてきたよ。
何と言っても、”朝起きれる”ようになったのが、すごい進歩だねー。

なるべく0:00前後には布団にもぐること・・
これが、私の一日を決める大事なリズムなんだろうな。

変だと思いながら、変えることも出来ないまま、ズルズルと時を過ごす。
体は動いていなくても、頭の中は目一杯動いていたりするのよねー。

もう、そんな気持ちはごめんだよー。




 

 

 

 


 

| comments(4) | trackbacks(0) | 13:34 | category: 生と死 |
# 初盆でした。
JUGEMテーマ:日記・一般


母の初盆も無事に終えた。


”スパ・イン メイプルロッジ”
我が実家岩見沢にも、こんなにステキなスパがあったなんてねぇ。
夕食・朝食がセットなんだけど、
夕食は、思いがけなく”コース”で、み〜んな大喜び!

義姉の実家では、初盆は大きな行事だそうだ。
だから、兄は母の葬儀の時から、初盆の事をとても心配していた。
でも北海道では(私の周りでは)、初盆に特別な事をしていた覚えがない。



玄関を入ると、暖炉が・・温泉は、この奥をまっすぐに・・
北欧式サウナもあり、清潔なお湯でした!(泉質:ナトリウム・炭酸水素塩)


虫さんもいたけど、とても爽やか〜〜。

父と兄家族、叔母、そして私の家族が集まった。
仏壇に手を合わせ、お寺にお参りした。
お坊さんがお経を上げてくれた。
これで、全てだ。


車でちょっと行くと、蕎麦畑が続いていた・・


義姉は、「北海道式が良いわよね。合理的だし、気持ちが一番よね。」
などと、事あるごとに納得しているらしい。

で、みんなで温泉、いや、スパへ行ったのだった。
母はお風呂好きだったから、
みんなで楽しむのは、母への供養にもなったと思う。(なーんてね・・)



ネットで調べていったパン屋さん”ミルトコッペ”のパン。
天然酵母のシッカリとした食感です。
娘たちに押されて、無事に予約できたよ〜!
奥のは、恵庭のパン屋さんのカボチャあんパン、カボチャメロンパン。

この前夜、またまた父と一悶着あったけど、
終わってみれば、みんな笑顔になっていて、
久しぶりで、ゆっくりのんびり出来たのだった。
出来ることなら、母も一緒に連れてきてあげたかったなあ・・








| comments(4) | trackbacks(0) | 13:38 | category: 生と死 |
# My Birthday ♪
JUGEMテーマ:日記・一般


わたくし、めでたく、また一つ年を重ねました。祝
あーあ、早いですねぇ。
ちょっと前まで、もう40代かあ・・なんて思っていたのにね。
今から思えば、まだ若い、若い!YES!

まあ、年を取らないのは妖怪か何かなんで、おばけ
人間としては、当たり前ですが・・
人間の欲は止まるところを知りませんねぇ。

こうなったら、ひらめき
いかに素敵なおばさん、或いはおばあさんになっていくか・・ですね!

何だかんだ言っても、
こうして生を受けて赤ちゃん、辛いことがあったにせよ、
幸せなこともたくさんあったわーいのだから、
生きてて良かったなあ・・って思いますよ〜。

今日からまた新たな気持ちで、
自分らしく生きていこう!なんて思います。OK

それにしても、今日が何の日か、
しんちゃん、思い出すのかなあ???ひやひや


| comments(2) | trackbacks(0) | 13:28 | category: 生と死 |
# 息子とSくん。
JUGEMテーマ:家庭


3年前の秋の日に、友人のYさんから電話があった。
「どうした?」って聞いた。
「あのね(うん・・)、うちのね(うん・・)、
 Sがね(どうしたの?)、亡くなったの。」とても落ち着いた声だった。
「なんで!?どうして!?」と、我を忘れて泣いていたのは、私だった。

S君は息子の親友いや、心友、と私は今でも思っている。
お互いに同じ頃に越してきて、小学校入学から中学校と過ごした。
幼い頃の息子はハチャメチャタイプで、
大人しいS君となんで合うのか?と不思議だった。

やがて二人は、別々の高校へと進んだ。
ピンポ〜〜ンとなって、玄関へ行くと、すでに二階へ上がっている!
お互いがお互いの家でそうしていた。
それでも、全く嫌な感じはしなかったものだ。
(名誉のために・・それでも二人は、礼儀正しい子なんだよー。)

おやつを持って階段を上がっていくと、し〜んとしている。
息子はゲーム、S君は本を読んでいる。
「あんたたち、別々の事して、意味ないしょ!」・・よく言ったものだ。
息子は無視!だが、S君は「はあ、いえ、はい・・」と答えてくれる。

かなり小さな頃から、夫は息子に囲碁や将棋を教えていた。
ある時期から、部屋を覗くと二人はいつも囲碁か将棋をしていた。
「あんたたち、渋いねぇ〜。」・・っていう感じだった。
(名誉のために・・ちゃんと外でも”激しく”駆け回ってましたよー。)

それから、二人は別々の大学へ。
その年のGWにも、帰省した彼は遊びに来てくれた。
久しぶりに見た彼は、すっかり大人の雰囲気だった。

「もしも、俺が携帯に気づいていたら・・」
息子は声を押し殺して、電話の向こうで泣いていた。
それきり、彼とは連絡が取れなかったそうだ。
「誰も悪くないんだよ!」それしか言えなかった。
”死んだら、だめだよ!”
本当はそう言いたかったけど、言えなかった。

今年、Yさんの草むしりする姿を見かけるようになった。
ケラケラ笑って、彼女は、明るい。
私はまだ、S君のことを話題に出せずにいる。
いつか、彼女からS君の事を話すまで待っていよう。

息子とも、S君のことは話さない。 でも、
何年先かは分からないけど、きっと話せる日は来るよね。
息子は、只今就活真っただ中。
元気なら、同じようにS君も。
「あ、おばさん、俺、え〜、一応就職決まったんで・・」
なんて言いそうだ。
今度は、お酒を飲みながら、「そっちは、どう?」
なんて言いながら、囲碁なんかするんだろうか・・

きっと、タクの心の中には、
S君は今も生き続けているんだろうなあ・・














| comments(2) | trackbacks(0) | 23:12 | category: 生と死 |
# またひとつ、区切りが・・
JUGEMテーマ:日記・一般


7月7日、七夕さま星が母の四十九日でした。
法要を無事に終えて、帰ってきましたよ。

前日に行きましたが、何せ洞爺サミット。!
検問があって、さぞかし時間がかかるだろうと、
高速を使うつもりはなく、朝7時に出発しました。車

支笏湖を回って行くのが一番近いのですが、
何処まで行っても、道はガラガラに空いていましたね。るんるん
検問にも会わなかったし・・きっと、用事のない限り、
外出を控えた人が多かったんでしょうね。

札幌に寄りましたが、予定よりも30分速く着きました。
人通りも、気のせいかいつもより少なかったみたい。


他のお店ではまねできない・・という文句に誘われた。
海鮮かきあげ丼・・ボリューム満点すぎ!(汗!) ¥880 
完食は諦めたの。かきあげ、2枚なの。
美味しかったけど、ごめんなさい!


個展会場に行って、打ち合わせをしました。
いくつかのギャラリーを歩いて回り、
個展のDMを置かせて貰うのも目的でした。
でも担当の方が発送をしてくれる、とのこと。


今日は、観光客で〜す。 お馴染みの”時計台”で・・

この日は31度でした!汗
(住んでる町では、めったに体感出来ない!)
本当に助かりました!!
それでグッと気持ちも楽になり、
ギャラリー巡りも出来たのでした。

法要が終わった帰路には、
札幌で開催されている、娘のグループ展も観る事が出来ました。
母の事が、また一区切りついた、という安堵感の中で、
ゆったりとした空間があり、静かな時間が流れていました。

娘の成長が感じられ、本当に嬉しく思いました。わーい
母にも、孫の成長した姿を見て欲しかったなあ・・ポロリ

ちょっと思ったけれど、空から?月ちゃんと見てるかなあ・・




| comments(4) | trackbacks(0) | 01:17 | category: 生と死 |
# まずは・・ね。
JUGEMテーマ:家庭



眠ることzzz 休むことピピピ 食べることディナー

な〜んか とっても 楽ですねぇるんるん 
只今 しっかり実行中!

「まずは 3キロ増やすこと」 これは娘かわいいからのアドバイス

思うに かる〜く クリア出来そうです!

人間関係はね まずは 家庭の中からかなぁ・・

夫も娘も息子も 兄も姉も姪も 父も叔母も
そして母も みんな私を心配しているラブ
それが 痛いほど伝わってくる

私はほんとに 幸せなんだと 心から思っている 

私は 不思議と すでに元気だよチョキ 
でもね もっともっと 元気になれる気がしてる


| comments(3) | trackbacks(0) | 23:28 | category: 生と死 |
# ちよちゃん、ありがとう!
JUGEMテーマ:日記・一般


あなたの顔は みるみるうちに白くなった
おかしいけど それはそれは とても美しい白だった
今まで見た誰よりも 綺麗だった

しばらくは あなたの額やほっぺは暖かく 柔らかく
まるで 眠っているようだった

9日間の熱との闘い お疲れ様でした
良く頑張りましたね その顔も 私はずっと忘れない
だから私は あなたの体が冷たくなったとき
不謹慎だけど 「良かったね!」って思ったんだ

私ね 勝手に思ってるんだよ
倒れる前のあなたは死んで この4年間が本当のあなただったって
でも 不思議なことに 綺麗にお化粧した顔はね
昔々の あなたの顔に戻っていたんだ

嵐のあの日 おじいちゃんを 待っていたんだね
ケンカばかりの夫婦だったのに やっぱり おじいちゃんなんだね
その事が 何だか とても可笑しくて 嬉しかったよ

もちろん とっても悲しいよ 寂しいよ
でもね ちよちゃんには悪いけど 気持ちは晴れ晴れしてるんだ

みんなで 言っていたんだよ 
あなたは いつでも みんなの傍にいるってね
だから あなたは 今も生きているってね
私もそう思うよ だから心配いらないから

今頃あなたは 何しているのかな?
好物を自分の手で食べ トロミのないお茶をすすっているのかな?
車椅子など必要無く 自由に歩き回っているのかな?
「りーこ(私です)!」なんて大きな声で呼んでいるのかな?

そして昔のように 私のこと チェックしているのかな?
いいよいいよ どんどんチェックしてくださいな
わたし そんなこと もう気にしたりしないからさ・・

母は12日以来意識のないまま、
19日に急変し、20日に天に召されました。
とても静かに逝きました。
わたしに悔いはありません。

一晩我が家に泊り、翌朝父の住む町へ帰りました。
家族葬を終え、昨日納骨を済ませて戻りました。
今日からは片付けをしながら、静かにのんびりと過ごすつもりです。

色んな事、色んな想いがあったけど、
母の残してくれたものは、感謝という感情です。
母は間違いなく私を救ってくれた、と思っています。

だから私は、今とても元気です。






  








| comments(0) | trackbacks(0) | 16:11 | category: 生と死 |
# 誰もが通る道。
JUGEMテーマ:日記・一般


随分とご無沙汰しました。
ここ一週間の出来事があまりに大きくて、ブログに手が回りませんでした。

12日の朝10時頃に、母が再度脳梗塞を起こした。
直ぐに病院へ行き、主治医から説明を受けた。
今回は相当なダメージを受けていて、命にかかわる状態とのこと。
隣町M市の脳外科病院まで救急車で運ばれ、MRIを撮った。
転院かと思ったけれど、すでに手術や専門的な治療の段階ではなく、
今まで通り、この町で内科的な治療を継続することになった。

母の顔を見た途端に、一人だった私はパニックに陥り、
主治医の言葉も耳をすり抜けていったように思う。
脳外科での受診をするかどうかを決めるのさえ、
私の思考は止ったままで、どうして良いのか分からなかった。
結局夫の職場へ電話し、看護師さんのことばを聞き、
やっと「お願いします。」と言った時には、すでにその準備は整っていた。
素早い検査でハッキリとした症状が分かり、良くも悪くもホッとした。
パートが非番で、それがせめてもの救いだった。

学校も、たまたま部活動の週間で午前授業であり、
夫は高速を使っても2時間はかかるI市まで父を迎えに行った。
栃木に住む兄と札幌の叔母にも連絡した。
翌日に叔母が、その翌日には兄の家族も駆けつけた。

一週間経った今もまだ母の意識はほとんど無い(そうだ)。
家族の欲目で、こちらの話を聞いているようにも見える。
パチパチと瞬きしたようにも見える。
肺炎と腎盂腎炎を併発し、熱が上がったり下がったりを繰り返している。
昨日からは鎖骨辺りの静脈に針を刺し、そこからの点滴が始まった。

母の寝顔を見ていても、まだ信じられない自分がいる。
病院に駆けつけたときに見た母の姿。
今回は今までとは違うと、はっきり感じた。
何が起っても不思議ではない状態、それが今の母なのだ。

母は何を思っているんだろう? 
苦しくはないんだろうか? 痛いところはないのだろうか?
自分の今の姿を分かっているんだろうか?
「本人が苦しまないような治療をお願いします。」
私たちは主治医に伝えた・・・。

熱はあるものの、峠は越えたかも知れない。
叔母が帰り、父を送って行き、一昨日兄たちも帰っていった。
これからどうなるのか、誰にも分からない。
何処で、どう踏ん切りをつけられるのかも分からない。
唯、口には出さないまでも、心の片隅に”その時”を刻んだに違いない。

倒れる前日に赤いカーネーションを見て笑った母。
その顔はいつまでも私の心に焼き付いたままでいる。
今年ぎりぎりセーフの母の日を、私は忘れることはないだろう。








| comments(3) | trackbacks(0) | 09:44 | category: 生と死 |
# TVドラマ「ひとがた流し」 最終回。
JUGEMテーマ:日記・一般


いいドラマでした。

人が人を思いやる心。
時には優しく、時には心を鬼にする。

お互いが、それをちゃんと受け止めるのは、
出来そうで、なかなか難しいもの。
受け止めたその後の対応が、また難しい。

親しければ、親しいほど。
さらに、肉親はもっと、もっと。

友達、恋人、家族・・立場は違っても、
その根っこは、人としての繋がりだと思う。

”なるほどなあ。”と思ったこと。
”ともだち”の線引きや、定義なんてないんだ。
その人にとっての”役割”かあ。

とてもいい響きだ。
だから、そこにいるだけで、良いんだね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:42 | category: 生と死 |
# 「病と闘う」
JUGEMテーマ:健康



「病と闘おう!」とは思っていない。
「共存するしか、ないのかなあ。」それくらいだ。
・・のはずだった。

少し前まで、体中の痛みで、
近年になく凹んでいた私。[:がく〜:]

痛み止めを処方してもらって一週間。
薬はありがたいよ。
こうして、ブログも楽しめるしね。るんるん

”うつ”は自分の出来る範囲で過ごし、
(これも結構苦しいですが)
回復するのを待つしかない。YES!

これだって思うに、
消極的ではあるけど、立派な”闘い”グーだよね。

”がん”については、
想定外の展開で、あせあせ(まだ、確定ではないけど・・)
また、振り出しに戻って考えざるを得なくなった。

例えば・・来年か、はたまた再来年か、手術する。病院
私の”肺線がん”は、
抗ガン剤や放射線の効果?は、定かではないらしい。

すでに、右肺の50%を切除している。
同じく右肺の上葉に”影”があるそうだ。[:がく〜:]

そしたら、どうなるのだろう?
喘息もあるのに、どうなるのだろう?
その先はどうしたら・・・?

たまらなくなって、夫に話した。
(ほんとは、心配かけるし、気が引ける)
でも、痛みに負けていた私だった。

「(死ぬには)まだ、早いよなあ。。困る。」
夫は言った。
「母さんが逝く時には、一緒に・・」
いつもより、夫は酔っていたんだね。ワイングラス

「ちょっと、待ったあNO!!」と、私。

「個展が大成功して、億万長者お金になって、
二人で世界一周船するまでは、死ねないから!」

「それに、自分では絶対に死なないよ〜。
今までの”もと”を取り返すまではね!」YES!

その途端に、しんみりモードは一転して、
二人とも吹き出していた。わーい

夫に話せて、良かったと思う。

「負けない!上向き
そう思う私に変わっていた。拍手 
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:58 | category: 生と死 |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
出来ることから・・
リボン運動
thanks!
ブログパーツ
Others
Search this site
Sponsored Links